3つの視点から比較する!!ボニックとボニックプロの違い

gatag-00010146

お家で始める引き締めエステ機器「ボニック」

それが改良されて新たに発売された「ボニックプロ」

ボニックとボニックプロとではどんな違いがあるのかについて調べました。

見た目について

まずは見た目について調べていきます。

最初にボニック

bnc

商品名 ボニック
セット内容 本体、充電台、アダプター、取扱説明書(保証書)
サイズ 約90×115mm
重さ 本体:約255g 充電台 約65g

 

そしてボニックプロ

bnpro

 

商品名 BONIC Pro (ボニックプロ)
セット内容 本体、充電台、アダプター、取扱説明書(保証書)
サイズ 約W90×D95×H115mm
重さ 本体約263g

 

ボニック

無題M

ボニックプロ

bonic-pro-4

 

写真からもわかるようにボニックプロの方がコンパクトになりました。

手に収まる感じもこのように違います。

ボニック

無題LL

ボニックプロ

ボニック Pro 足やセ 画像

ボニックプロの方が持ちやすく、全身に当てやすそうですね。

機能的な違いは???

まずはボニック。

超音波&EMSのWパワー!

●超音波●

1秒間に100万回もの超音波振動。高速の細かい振動をカラダに与えると摩擦を受けた部分はポカポカに。お肌への刺激も少なく優しく脂肪に働きかけてくれます。

●EMS●

今話題のEMSを採用していること。 EMS(低周波)が筋肉を直接刺激。気になる場所にあてるだけだから、使い方も運動ギライさんもOKの手軽さ。

 

続いてボニックプロ。

プロのエステティシャン監修のもと、高級エステサロンで採用されている
「RF」「キャビテーション」「EMS」を搭載。

●EMS●

EMSのピリピリが苦手な方でも大丈夫。単一の周波数ではなく自動で周波数が変化する事で、極力EMSの痛みを軽減しています。さらにレベルが3段階から選べるので、気持ちがいいと感じるレベルで使えます。

●RF・キャビテーション●

RF(あたたかい)+ キャビテーション(トリートメント)を同時に出力できる「HOTモード」で肌を温め「SHAPEモード」に適した状態へと導きます。

●EMS・キャビテーション●

先ほどのHOTモードで温まった肌へEMSとキャビテーションを同時に出力する事で筋肉刺激を行える「SHAPEモード」が搭載されています。

温めながら超音波で直接アプローチをかけてEMSで筋肉刺激できるという事です。

価格については??

お得な定期コース(3回以上継続)で比較してみました。

まずはボニック

内容:本体・ボニックジェル1本

価格:\5,960(税抜き)

 

続いてボニックプロ

内容:本体・ボニックジェル1本

価格:\9,460(税抜き)

 

差額は3,500円となります。

 

エステ感覚で気持ちよく引き締めていきたい方にはボニックプロ、安く買いたい・EMS効果を実感したという方にはボニックがいいと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す